« 2008年04月05日 | Top2008年04月07日 »

最新記事【2008年04月06日】

2008年のF1バーレーンGP土曜日の公式予選後のコメントです。
両ドライバーとチーム共にコメントでは、マシンのバランスにはかなり満足のいくところまで仕上げられたとのこと。逆に言ったら開発のしていないSA08Aでは、これが限界ってことなのかもしれません。
以下はスーパーアグリF1プレスリリースより。

2008年 バーレーンGP フリー走行/予選
佐藤琢磨 カーナンバー18 (SA08A-06)
フリー走行3回目 22 位 周回数:16周 最速ラップタイム 1分34秒952
予選順位 22番手 周回数:5周 ラップタイム 1分35秒725

アンソニー デビッドソン カーナンバー19 (SA08A-05)
フリー走行3回目 21位 周回数:18周  最速ラップタイム 1分34秒591
予選順位 21番手 周回数:9周  ラップタイム 1分34秒140

天気: 晴天 (湿度16.7% - 29.6%)
気温: 最低28.3°C 最高30.0°C
コース路面温度:最低38.2°C  最高46.3°C

SUPER AGURI F1 TEAMは午前中のフリー走行で着実な進歩を遂げた。両ドライバー共にスタッフが昨日から取り組んで成し得た改良に満足することができた。予選のために今まで以上にSA08のバランスを掴むことができ、午後の予選では砂の多い、すべりやすい難しいコンディションの中、両ドライバーはマシンを限界まで攻めることができた。

佐藤琢磨
「昨晩からの取り組みのお陰でかなり前進した。今朝のフリー走行の間に車が出来上がってきて、バランスに満足できた。予選では最初の走行は少しすべりやすかったが、妥当だったと思う。二度目の走行ではグリップレベルが上がったため、嬉しかった。最後のコーナーまではとても良い感触だったが、外側の縁石に接触し、外側に膨らみ、すぐに飛び出してしまった。予選を完走することができなかったことは本当に残念だが、明日のレースではいい走りを見せたいと思う」

アンソニー デビッドソン
「良い予選の日だった。車のバランスにも満足していたし、ここのサーキットでの走行をずっと楽しむことができた。今日は僕達にとって良かった。というのも、前の車を最後まで追いかけ、スーティルと僕はほとんど離れていなかった。今日は本当にマシンの限界が見えたと思うため、かなり僕達にとっては嬉しいことだ」

グラハム・テーラー スポーティングディレクター
「午前中のフリー走行では、両マシンともレース用のセッティングを中心にかなりのことをカバーできた。ただタイヤの一つに少し問題があったため、予選のバランスのためにもう少し取り組む必要があることはわかっていた。 予選では全て予定通りに進んだが、残念なことに琢磨はターン15でひっかかってしまい、リアエンドにダメージを受けてしまった。アンソニーは両走行とも素晴らしく、明日の決勝で前の車とのレースを楽しみにしている」
(スーパーアグリ・フォーミュラワン プレスリリース)

2008年F1第3戦バーレーンGP公式予選は、BMWザウバーのロバート・クビカが1分33秒096のタイムで自身&チーム初のポールポジションを獲得。2番手にはフェラーリのフェリペ・マッサが入り、3番手にはマクラーレンのルイス・ハミルトンが入った。
そしてスーパーアグリF1の2人、アンソニー・デビッドソンは21番手、佐藤琢磨は22番手だった。
またウイリアムズの中嶋一貴は、Q2へ進むも16番手となった。

いやいや好調マッサをBMWザウバーのクビカが上回り、自身そしてチーム初のポールポジションを獲得するという展開になるとは。ハイドフェルドとのタイム差を見ると、もしかしたらクビカは軽い目のタンクなのかもしれませんが、いよいよBMWザウバーが勝つ日も近いのかも?
フェラーリ、マクラーレン、BMWザウバーの3強とは対照的に、Q3に進出したがホンダのバトンとルノーのアロンソは、明らかに燃料たっぷりで決勝での戦略中心のQ3だったように見えた。

スーパーアグリの2台は最後列ですが、現状ではしかたがない。佐藤琢磨が攻めるも、最終コーナーでスピン!軽くマシンを破損させる結果に・・・
午前中いいタイムだった中嶋一貴は、Q1は突破できたが思うような順位には行けなかった。まだまだ1発のタイムを出す課題がクリアできてないようです。
日本勢では、トヨタのトゥルーリが今回も最上位。好調をキープしているようです。

F1バーレーン・グランプリ 土曜日公式予選
1 ロバート・クビカ BMWザウバーF1.08 1'33"096
2 フェリペ・マッサ フェラーリF2008 1'33"123
3 ルイス・ハミルトン マクラーレンMP4-23・メルセデス 1'33"292
4 キミ・ライコネン フェラーリF2008 1'33"418
5 ヘイキ・コバライネン マクラーレンMP4-23・メルセデス 1'33"488
6 ニック・ハイドフェルド BMWザウバーF1.08 1'33"737
7 ヤルノ・トゥルーリ トヨタTF108 1'33"994
8 ニコ・ロズベルグ ウイリアムズFW30・トヨタ 1'34"015
9 ジェンソン・バトン ホンダRA108 1'35"057
10 フェルナンド・アロンソ ルノーR28 1'35"115
11 マーク・ウエーバー レッドブルRB4・ルノー 1'32"371
12 ルーベンス・バリチェロ ホンダRA108 1'32"508
13 ティモ・グロック トヨタTF108 1'32"528
14 ネルソン・ピケJr. ルノーR28 1'32"790
15 セバスチャン・ブルデー トロロッソSTR2B・フェラーリ 1'32"915
16 中嶋一貴 ウイリアムズFW30・トヨタ 1'32"943
17 デイビッド・クルサード レッドブルRB4・ルノー 1'33"433
18 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディアVJM01・フェラーリ 1'33"501
19 セバスチャン・ベッテル トロロッソSTR2B・フェラーリ 1'33"562
20 エイドリアン・スーティル フォース・インディアVJM01・フェラーリ 1'33"845
21 アンソニー・デイビッドソン スーパーアグリSA08A・ホンダ 1'34"140
22 佐藤琢磨 スーパーアグリSA08A・ホンダ 1'35"725

2008年のF1バーレーンGPフリー走行3回目は、ウイリアムズのニコ・ロズベルグが1分32秒521でトップタイムをマーク。2番手にはフェラーリのフェリペ・マッサが入り、3番手にはレッドブルのマーク・ウエーバーとなった。
スーパーアグリF1の2台、アンソニー・デビッドソンが21番手、佐藤琢磨が22番手でした。またウイリアムズの中嶋一貴は6番手と、チームメイトと共に好調。

フリー走行3回目にしてもスーパーアグリの苦戦は続きます。仕方ないことなのですがね・・・
逆にウイリアムズは好調で、中嶋一貴が6番手と上位を狙えるタイムをマーク。チームメイトのロズベルグは堂々のトップタイムを叩き出してます。
ただ、マッサを除くとフェラーリ、マクラーレン、BMWザウバーが中段以降なので、この3チームは重いタンクでの走行が予想されます。予選Q3用のテストかな?

しかしスーパーアグリを除くと、20台が約1.5秒差とかなりの接近したタイムとなってます。
これは、予選・決勝とも楽しみですね。

F1バーレーン・グランプリ 土曜日フリー走行3回目
1 ニコ・ロズベルグ ウイリアムズFW30・トヨタ 1'32"521
2 フェリペ・マッサ フェラーリF2008 1'32"726
3 マーク・ウエーバー レッドブルRB4・ルノー 1'32"742
4 ヤルノ・トゥルーリ トヨタTF108 1'32"901
5 デイビッド・クルサード レッドブルRB4・ルノー 1'32"918
6 中嶋一貴 ウイリアムズFW30・トヨタ 1'33"020
7 ロバート・クビカ BMWザウバーF1.08 1'33"024
8 ネルソン・ピケJr. ルノーR28 1'33"074
9 キミ・ライコネン フェラーリF2008 1'33"237
10 ヘイキ・コバライネン マクラーレンMP4-23・メルセデス 1'33"367
11 セバスチャン・ブルデー トロロッソSTR2B・フェラーリ 1'33"372
12 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディアVJM01・フェラーリ 1'33"392
13 フェルナンド・アロンソ ルノーR28 1'33"445
14 ルーベンス・バリチェロ ホンダRA108 1'33"551
15 ティモ・グロック トヨタTF108 1'33"595
16 ジェンソン・バトン ホンダRA108 1'33"600
17 セバスチャン・ベッテル トロロッソSTR2B・フェラーリ 1'33"651
18 ルイス・ハミルトン マクラーレンMP4-23・メルセデス 1'33"659
19 エイドリアン・スーティル フォース・インディアVJM01・フェラーリ 1'33"857
20 ニック・ハイドフェルド BMWザウバーF1.08 1'34"074
21 アンソニー・デイビッドソン スーパーアグリSA08A・ホンダ 1'34"591
22 佐藤琢磨 スーパーアグリSA08A・ホンダ 1'34"952

頑張れスーパーアグリF1チーム

スーパーアグリF1チームを応援しよう。F1初の純国産プライベートコンストラクターSAF1チーム。ついに初ポイントゲット!