Top >  SAF1-2008年 >  デビッドソンが今年初走行。ヘレス合同テスト3日目

デビッドソンが今年初走行。ヘレス合同テスト3日目

2008年02月16日

ヘレス合同テスト3日目には、アンソニー・デビッドソンがSA07Bのステアリングを握り久しぶりの走行。1分21秒010のタイムで16台中13位だった。
スーパーアグリとしては、この3日間のテストでかなりの周回数をこなせ、多くのデータを収集できたようだ。
ただ今のところ、新車SA08の発表が遅れるとのことなので、厳しいシーズンスタートになりそうです。

ちなみにこの日もウイリアムズの中嶋一貴は好調で3番手のタイムをマーク。今年のウイリアムズは、確実に速くなっているようです。
以下はスーパーアグリF1プレスリリースより。

ヘレス合同テスト3日目
日付: 2008年2月14日
テスト期間: 3日間
ドライバー: アンソニー・デビッドソン

シャシー: SA07B
走行周回数: 103周
最速ラップタイム: 1分21秒010
順位: 16台中13位

天気: 曇り
気温: 最低13°C 最高21°C
コース路面温度: 最低13°C 最高28°C

総合走行周回数:294周
総合テスト走行距離:1308.8km

SUPER AGURI F1 TEAMは、アンソニー・デビッドソンが最終日の走行を引き継ぎ、ヘレスでのテストを締めくくった。アンソニーにとっては2007年12月以来のテストとなったが、サーキットと2008年仕様のエレクトロニクスシステムにすぐに順応した。アンソニーはシャシーと空力のプログラムとスタートのテストも含めたコントロールシステム評価を行った。SAF1チームは来週のテストのために、雨模様の天気が予想されているバルセロナへ移動する。

佐藤琢磨
「たくさんの周回数をこなし、包括的なプログラムを終えることのできた2008年の最初のテストを楽しむことができた。たくさんのセットアップを試すことができたし、問題なくシステムチェックとタイヤテストを終えることもできたので、とてもいいテストだったと思う。チームのみんなが素晴らしい仕事をしたし、今後の2回のテストでもこの勢いを持続することができることを願っている」

アンソニー・デビッドソン
「長い冬休みを終えて、こうしてテストに戻ってくることができて、とてもうれしい。ドライコンディションだったが、午後は風が強く、マシンのいいバランスを見つけるのに苦労した。たくさんのポジティブな走行ができ、103周を走りきることができた。僕たちはチームとドライバーともにMESシステムについて学ぶことができたし、今日も全体的に進歩することができたと思う」

ジェリー・ヒューズ チーフレースエンジニア
「今週の走行では、SAF1チームが2008年のMESシステムをさらに理解するためにかなりの周回数をこなすことができた。メルボルンでの開幕戦へ向けて、冬の間にポジションアップを確実なものにするために、チームは琢磨とアンソニーとともにいいリズムが作れたと思う。チーム全員が3日間疲れを知らずに働いてくれ、ホンダとブリヂストンポテンザとともに彼らに感謝したい。SAF1チームは来週、バルセロナでのプライベートテストを行う予定だ」
(スーパーアグリ・フォーミュラワン プレスリリース)

YouTubeにあるF1動画を集めてみました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.projectaz.net/x/mt/mt-tb.cgi/534

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

関連エントリー

マグマ・グループとの提携を正式発表
デビッドソンが今年初走行。ヘレス合同テスト3日目
新車発表が延期。ヘレス合同テスト2日目
佐藤琢磨が今年初走行。ヘレス合同テスト1日目
デビッドソン走れず。ヘレス合同テスト2・3日目
ジェームズ・ロシターが参加。ヘレス合同テスト1日目
スーパーアグリの新車発表は2月19日の予定