Top >  SAF1-2007年 >  ついに新車SA07が発表!

ついに新車SA07が発表!

2007年03月14日

やっとついに新車SA07が発表!今シーズンの開幕の地・オーストラリアのメルボルンで、そのベールが脱がされました。
写真はYahoo!ニュースへ⇒アグリの新車がベール脱ぐ

カラーリングが直線的なデザインに変更され、なんだか速そうに見えるのは気のせいか(笑
速いであって欲しいです。なんせまだ走ってないんですから。
基本はエンジン及びパワートレーンが変更されてないので、ほとんど変わっていないとのこと。ただし空力パーツに関しては、写真で見た限りではフロントウイングなどが変更。
速く実際に走っているしーんを見たいです。

そしてスポンサーロゴが増えています!
「SS UNITED GROUP」という中国の石油会社のロゴが描かれてます。またイギリスのスピーカバス社とレース用インターコムについてスポンサー契約を結んだことも発表されました。
いよいよ臨戦態勢、って開幕まで2日だからあたりまえか。今週末が楽しみです。

以下はスーパーアグリF1プレスリリースより。

SUPER AGURI F1 TEAMがSA07をメルボルンで発表

成功裏に冬のテストプログラムを終了したSUPER AGURI F1 TEAMの鈴木亜久里チーム代表とドライバーの佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンだが、今日、チームはオーストラリア・メルボルンのアルバートパーク・サーキットのF1パドックで2007年シーズンを戦うSA07を発表した。

SA07は、昨年チームが急遽準備した初めてのF1カーであるSA05の開発プロセスの延長として作られたニューマシンだ。誕生からわずか15ヶ月のチームにとって、新車導入は重要な一歩でもある。SA07はチーフデザイナーのピーター・マックールが率いるSAF1チームのデザイン部門とホンダの栃木研究所が8ヶ月をかけて共同開発したものだ。ウインターテストでは数々のデザインコンセプトを検証し、ホンダが開発した新しいパワートレーンの信頼性向上のためのテストを行ってきた。

新しいホンダのホモロゲーションエンジンによって、SAF1チームのパワーと信頼性は大きく前進する。これによってチームのパフォーマンスは向上し、新ルールと安定性重視のこの時期にコンペティティブなエンジンが登場することになる。カーボン・ギヤボックスもホンダから提供されるパッケージのひとつで、重量配分がよりフレキシブルに行えるようになり、統合性も改善される結果、信頼性も向上するというメリットがある。

FIAのクラッシュテストはSA07の開発過程における大きなチャレンジとなった。ノーズボックスのデザインを大幅に変更しなければならなかったし、リヤ中央のディフューザーのデザインにもエアロダイナミシストが頭を痛めることになった。リヤの衝撃構造がダウンフォースに与える影響を最低限に抑える方法を見つけるために、チームは研究に膨大な時間を費やした。その結果、V8エンジンが生む空力効率とブリヂストン・ポテンザタイヤのコンビネーションが効率の良いリヤのダウンフォースを生み、これが2007年のチームのカギを握る要素となった。

SAF1チームはウインターテストで新しいブリヂストン・ポテンザタイヤの特徴を示す多くのデータを得ており、これにより2006年よりも準備が整った体勢でレースに挑むことができる。2007年シーズンを前にこのような良い一歩を踏み出したSAF1チームは、精鋭のみの戦いが許されるF1の一員として確かな地位を築き上げることを目指す。向上した信頼性とタイヤへの深い理解、そして2007年ルールの下での空力への挑戦がSUPER AGURI F1 TEAMのカギを握る力となるだろう。

鈴木亜久里 チーム代表
「ウインターテストの期間はSUPER AGURI F1 TEAMにとってとてもいいものだった。SA07の新しいパーツの信頼性の評価など、予定していたことはほとんど終えることができた。時間と予算の関係でできないこともたくさんあったが、それを考えても、ここメルボルンに持ってくることができたマシンにはとても満足している。

琢磨は1シーズンをSAF1チームで過ごした経験があり、チームの理念やスタイル、そしてスタッフのことも良く理解している。ニューマシンがあれば、今年はもっと結果を出すことが出来るだろう。アンソニーはHRF1チームで5年間テストドライバーを務めた経験があるので、その豊富な経験を活かしてくれると思う。F1ではまだ3レースしか経験がないが、マシンの技術面を評価する知識と経験を持ったドライバーなので、いいパフォーマンスを見せてくれると思う。

去年の今頃は、まだグリッドに2台のマシンを並ばせるために奮闘していた。初めての年で、チームにとってはすべてが新しい経験だった。今年はシーズン前に準備を行うことができ、チームの誰もがスタートを待ちきれない気分でいる。ぼくは琢磨とアンソニーが再び共に働き、SAF1チームで彼らの最高のパフォーマンスを見せてくれることを楽しみにしているし、シーズン開幕戦からポイント獲得を目指す。シーズン末にはグリッドの中程にマシンが並ぶようにしたいというのがぼくの目標であり、これは現実的な目標だと思っている。また、このスタートの段階からファンの皆さんがぼくたちに声援を送ってくれることを願っている」
(スーパーアグリ・フォーミュラワン プレスリリース)

YouTubeにあるF1動画を集めてみました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.projectaz.net/x/mt/mt-tb.cgi/307

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

関連エントリー

続けて佐藤琢磨が担当。ヘレス合同テスト4日目
佐藤琢磨が担当。ヘレス合同テスト3日目
2日目はアンソニー・デビッドソンが担当。ヘレス合同テスト2日目
ジェームズ・ロシターが走行。ヘレス合同テスト1日目
最終日はジェイムス・ロシターが担当。バルセロナテスト3日目
この日もデビッドソンが走行。バルセロナテスト2日目
アンソニー・デビッドソンが走行。バルセロナテスト1日目
ネクサン・テクノロジーズ社がパートナーに
引き続きデビッドソンが走行。モンツァ合同テスト4日目
アンソニー・デビッドソンが走行。モンツァ合同テスト3日目
佐藤琢磨がドライブ。モンツァ合同テスト2日目
ジェームズ・ロシターが走行。モンツァ合同テスト1日目
最終日は佐藤琢磨が参加。ヘレス合同テスト3日目
引き続きロシターが走行。ヘレス合同テスト2日目
ジェームズ・ロシターが担当。ヘレス合同テスト1日目
最終日は佐藤琢磨。スパ・フランコルシャン合同テスト3日目
アンソニー・デビッドソンが走行。スパ・フランコルシャン合同テスト2日目
ジェームズ・ロシターが走行。スパ・フランコルシャン合同テスト1日目
最終日はデビッドソンが走行。ヘレス合同テスト3日目
ジェームズ・ロシターが走行。ヘレス合同テスト2日目
スーパーアグリF1がヘレスでテスト。初日
キノトロープ社とパートナーシップ契約を締結
この日もジェームズ・ロシターが走行。ポール・リカールテスト4日目
再びジェームズ・ロシターが走行。ポール・リカールテスト3日目
佐藤琢磨が走行。ポール・リカールテスト2日目
ジェームズ・ロシターが早速ドライブ。ポール・リカールテスト1日目
テストドライバーにジェームズ・ロシターを起用
3日目はデビットソンが走行。バルセロナ合同テスト3日目
雨のためプログラムをこなせず。バルセロナ合同テスト2日目
佐藤琢磨が2番手のタイム。バルセロナ合同テスト1日目
この日も午後は雨。セパン合同テスト4日目
雨が降る中、デビッドソンが走行。セパン合同テスト3日目
佐藤琢磨が7位、デビッドソンが11位。セパン合同テスト2日目
佐藤琢磨がドライブ。セパン合同テスト1日目
ついに新車SA07が発表!
モノコックにダメージで早めの終了に、バーレーン合同テスト3日目
佐藤琢磨、体調不良もテストをこなす、バーレーン合同テスト2日目
今週は佐藤琢磨が走行、バーレーン合同テスト1日目
3日間トータルで320周、バーレーン合同テスト3日目
トラブルで早めの切り上げ、バーレーン合同テスト2日目
デビッドソンが10番手、バーレーン合同テスト1日目
最終日は佐藤琢磨がドライブ、バルセロナ合同テスト3日目
ピットストップ練習もOK、バルセロナ合同テスト2日目
デビッドソンが16番手、バルセロナ合同テスト1日目
アンソニー・デビッドソンが登場、バレンシア合同テスト3日目
ギド・バン・デル・ガルデが初登場、バレンシア合同テスト2日目
佐藤琢磨が11番手、バレンシア合同テスト1日目
スーパーアグリF1ピンチか?新車SA07がクラッシュテスト不合格
ヘレステスト最終日、佐藤琢磨が登場
ヘレステスト3日目、SAF1は2日目デビッドソンがトップタイム
ヘレステスト2日目、スーパーアグリF1は初日デビッドソンが2番手
鈴木亜久里・マーティン・ブランドル・クリスチャン・ダナーがSA06で走る
スーパーアグリの新車は未定だが、トヨタが早々に新車発表