Top >  SAF1-2007年 >  続けて佐藤琢磨が担当。ヘレス合同テスト4日目

続けて佐藤琢磨が担当。ヘレス合同テスト4日目

2007年12月08日

ヘレス合同テストの最終日は、佐藤琢磨が続けて担当。前日と同じプログラムをこなし、1分21秒092のタイムで15台中12番手でした。
またアンソニー・デビッドソンがホンダをドライブし11番手でした。

この日もフェラーリからミハエル・シューマッハーが走行し、マッサ7番手を上回る4番手のタイムを出した。
この日のトップタイムは、4日間トータルでもトップの1分18秒213で、トロロッソのセバスチャン・ベッテルがスリックタイヤで叩き出した。トロロッソは、もうレッドブルと同じだけのパフォーマンスを常に発揮しそうです。
またウイリアムズの中嶋一貴は5番手、トヨタの小林可夢偉の出番は無かった。

以下はスーパーアグリF1プレスリリースより。

ヘレス合同テスト4日目
日付:2007年12月7日
テスト期間:4日間
ドライバー:佐藤琢磨

シャシー:SA07-05B
走行周回数:87
最速ラップタイム:1分21秒092
順位:15台中12位

天気:曇り
気温:最低10°C 最高19°C
コース路面温度:最低12°C 最高21°C

総合テスト走行距離:1390km
総合走行周回数:314周
最速ラップタイム:アンソニー・デビッドソン 1分21秒076(2日目)

今日、佐藤琢磨がSUPER AGURI F1 TEAMの2007年最後のテスト最終日の走行を終えた。琢磨は、昨日に引き続き、MESコントロールシステムのチューニング・プログラムから午前中の作業をスタートさせた。これは、主にエンジンコントロールシステム内部のさまざまなパラメーターの調整を目的としたものだ。

午後のセッションでは、再び2009年のレギュレーションで定められたスリックタイヤを装着し、2007年、2008年よりもさらに25%程度削減される、2009年のダウンフォース・レベルをシミュレーションしたマシンで走行を行った。予定されているルール変更を見越したさまざまなメカニカルセットアップをテストした琢磨は、1分21秒092のベストタイムでテスト最終日の走行を終えた。

ジェームズ・ロシター
「(1日目の)午前中は、コースにゴムが乗るのを待ってから、バランス調整の走行を行った。スリックタイヤを装着して2009年をシミュレーションしたダウンフォースのマシンで作業を行ったが、ダウンフォースがほとんどなくて最初は運転するのが難しかった。だが、スリックタイヤはよかった。高速走行時にはデメリットがあったが、低速走行ではメリットがあった。テスト初日はこんな感じで、すべてのプログラムを終了することができた」

アンソニー・デビッドソン
「今日のヘレス(2日目)は晴天で、仕事がはかどった1日だった。よく知っているサーキットを再び走ることができてうれしかった。エンジンのドライバビリティの作業に取り組み、トラクションコントロールのないマシンに慣れることに時間を費やした。ドライバーエイドなしにパフォーマンスをピーク近くまで発揮するのは大きな挑戦だったが、1日を通して着実に成果を上げることができた。新しいタイヤに交換するたびにスピードは伸びていった。グルーブドタイヤでまずまずのタイムを出して1日を終えることができたので満足している」

佐藤琢磨
「ブラジルGP終了後初めてのテストだったので、再びF1カーを運転できてうれしかった。最後にテスト走行を行った7月のスパのテストと比較すると、MESシステムが進歩していたのにはとても驚いた。TCなどのサポートシステムのないマシンの運転は以前とはとても違った感じだ。このテスト2日間でドライバビリティが進歩したのはうれしいことだし、重要なデータをたくさん集めることができたことにも満足している。今回、初めて2009年仕様のスリックタイヤを経験した。スリックタイヤでの走行はF3以来だったので、いい経験だった。レースでこのタイヤを使えるようになるには、まだたくさんのチューニングの作業が必要だが、全体的には非常に有益なテストだったと思う」

グラハム・テーラー スポーティングディレクター
「2007年最後のSUPER AGURI F1 TEAMのテストは、ドライバー全員が参加してMESコントロールシステムの理解を深める作業に取り組んでくれたおかげで、とても順調に進行した。2009年に使用するタイプのタイヤを評価する機会を与えてくれたブリヂストンに感謝したい。最後に、ドライバー、チームメンバー、ホンダの皆さん、そして、SUPER AGURI F1 TEAMのF1、2年目を応援してくれたすべての人々に感謝します。皆さん、楽しいクリスマスをお迎えください」
(スーパーアグリ・フォーミュラワン プレスリリース)

YouTubeにあるF1動画を集めてみました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.projectaz.net/x/mt/mt-tb.cgi/526

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

関連エントリー

続けて佐藤琢磨が担当。ヘレス合同テスト4日目
佐藤琢磨が担当。ヘレス合同テスト3日目
2日目はアンソニー・デビッドソンが担当。ヘレス合同テスト2日目
ジェームズ・ロシターが走行。ヘレス合同テスト1日目
最終日はジェイムス・ロシターが担当。バルセロナテスト3日目
この日もデビッドソンが走行。バルセロナテスト2日目
アンソニー・デビッドソンが走行。バルセロナテスト1日目
ネクサン・テクノロジーズ社がパートナーに
引き続きデビッドソンが走行。モンツァ合同テスト4日目
アンソニー・デビッドソンが走行。モンツァ合同テスト3日目
佐藤琢磨がドライブ。モンツァ合同テスト2日目
ジェームズ・ロシターが走行。モンツァ合同テスト1日目
最終日は佐藤琢磨が参加。ヘレス合同テスト3日目
引き続きロシターが走行。ヘレス合同テスト2日目
ジェームズ・ロシターが担当。ヘレス合同テスト1日目
最終日は佐藤琢磨。スパ・フランコルシャン合同テスト3日目
アンソニー・デビッドソンが走行。スパ・フランコルシャン合同テスト2日目
ジェームズ・ロシターが走行。スパ・フランコルシャン合同テスト1日目
最終日はデビッドソンが走行。ヘレス合同テスト3日目
ジェームズ・ロシターが走行。ヘレス合同テスト2日目
スーパーアグリF1がヘレスでテスト。初日
キノトロープ社とパートナーシップ契約を締結
この日もジェームズ・ロシターが走行。ポール・リカールテスト4日目
再びジェームズ・ロシターが走行。ポール・リカールテスト3日目
佐藤琢磨が走行。ポール・リカールテスト2日目
ジェームズ・ロシターが早速ドライブ。ポール・リカールテスト1日目
テストドライバーにジェームズ・ロシターを起用
3日目はデビットソンが走行。バルセロナ合同テスト3日目
雨のためプログラムをこなせず。バルセロナ合同テスト2日目
佐藤琢磨が2番手のタイム。バルセロナ合同テスト1日目
この日も午後は雨。セパン合同テスト4日目
雨が降る中、デビッドソンが走行。セパン合同テスト3日目
佐藤琢磨が7位、デビッドソンが11位。セパン合同テスト2日目
佐藤琢磨がドライブ。セパン合同テスト1日目
ついに新車SA07が発表!
モノコックにダメージで早めの終了に、バーレーン合同テスト3日目
佐藤琢磨、体調不良もテストをこなす、バーレーン合同テスト2日目
今週は佐藤琢磨が走行、バーレーン合同テスト1日目
3日間トータルで320周、バーレーン合同テスト3日目
トラブルで早めの切り上げ、バーレーン合同テスト2日目
デビッドソンが10番手、バーレーン合同テスト1日目
最終日は佐藤琢磨がドライブ、バルセロナ合同テスト3日目
ピットストップ練習もOK、バルセロナ合同テスト2日目
デビッドソンが16番手、バルセロナ合同テスト1日目
アンソニー・デビッドソンが登場、バレンシア合同テスト3日目
ギド・バン・デル・ガルデが初登場、バレンシア合同テスト2日目
佐藤琢磨が11番手、バレンシア合同テスト1日目
スーパーアグリF1ピンチか?新車SA07がクラッシュテスト不合格
ヘレステスト最終日、佐藤琢磨が登場
ヘレステスト3日目、SAF1は2日目デビッドソンがトップタイム
ヘレステスト2日目、スーパーアグリF1は初日デビッドソンが2番手
鈴木亜久里・マーティン・ブランドル・クリスチャン・ダナーがSA06で走る
スーパーアグリの新車は未定だが、トヨタが早々に新車発表